« fruitful day | トップページ | Xanadu Live in AUBE »

2008年9月 1日 (月)

Tokyo Jazz 2008

はい行って参りました。東京Jazz2008。友人がチケットが余っているとの事でご一緒させて頂きました。前日までFourplayが出ることぐらいしか知らなかったんですが、サイトチェックしてビックリ、私のMost Favorite Guitaristの1人George Benson様がお出になるでは有りませんか。それを知ってテンション上がりまくり。眠れぬ一夜を過ごしたのでした(寝たけど)。
少し早めに会場入りして、外のオープンステージでTOKUさんを見てテンションやや上げてから会場入り。。。素敵だなぁ。。。数年ぶりに見る生TOKUさんでした。080831_182002
でもって座席に座るも、フォーラムAの2階席はとても高いところからの見下ろしで、双眼鏡を持ってこなかったことにやや後悔(持ってないけど)。国際フォーラムはTwo Against Natureのスティーリーダンを見に行って以来ですので、かなり久々でした。
で登場しました生ベンソン様。ザ・エンターテイナーでございました。MCはほぼ無しに、8曲ぐらいだったでしょうか、ぶっ続けで名曲のオンパレード。最高。んもうこれだけでチケット代の元を取った気分。最高。ギターをカッティングしながら歌うことは無く、歌うか弾くか。割り切ってます。バックバンドの皆さんもGrooveしてました。演奏もさることながらコーラスもまた上手いこと。んでベンソンがハイノートを結構シャウトしていたことにφ(。。)メモメモ…。抜き声はあまり無かったですかね。年を取っても熱いお方です。高速オクターブにスキャット。キレてるキレてる。凄すぎ。やはり本物は違います。
でセットを転換してFourplayの登場。今度はNathan EastのWisperVoiceにやられまくり。Bensonのシャウトも良かったですが、Nathanの声のやらしいことやらしいこと。Bassistでこれだけ歌えてしまうのは反則ですよね。Bonaと言い。天は二物も三物も与えてしまったのでした(*_*)。ラストにやった新曲がとってもBali runに似ていて、あー今日はBali runやんないんだなーって思ったらアンコールでBali run(笑 素敵でした。
で皆さんお待ちかねのサンボーン登場。一吹きでサンボーンと解るあの音。私的に思わず完歓声を上げてしまう程に嬉しかったのが、Ricky Petersonがオルガンでゲスト参加していたこと。もっとフィーチャーして欲しかった。Rickyはまた歌も滅茶苦茶上手いんですがね。
そして最後はあのSam&Daveのサム・ムーア登場。(わたしゃ大学卒業後にソウルバンドをやっていたときに、Hold On I'm Comin'を死ぬ程演奏した思い出が。。。)ジャコのCome On, Come Overを演奏して、途中やや崩壊しそうになっておりましたが、大盛り上がりで終了。久々にお腹いっぱいのライブでした。願わくば最後にBensonも絡んでくれたら昇天してたんですがね(笑
少しでもこれらレジェンド達に近づける様に精進したいと思います。スイマセン。

« fruitful day | トップページ | Xanadu Live in AUBE »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Tokyo Jazz 2008:

« fruitful day | トップページ | Xanadu Live in AUBE »

最近のトラックバック

ウェブページ

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

favicon

twitter

  • twitter

ddo